収益とマンション経営の話

マンション経営で収益が低いのは何かしら理由があるはずです。退去する方に色々聞いて、問題点を改善しましょう。

収益とマンション経営の話

マンション経営で収益が低いのは何か問題があるから。

マンション経営で少しでも収益を高めようと思ったらやっぱり実際に入居している方の「声」を聞くことも必要になると思います。通常、収益が低いというのは何かしらの理由があるんです。何一つ非がないのに収益が低い、なんてことはまず滅多にありません。なので何かしら原因があるからこそマンション経営が上手くいかないのですが、問題はそれをどうやって知るかということです。問題があることはわかっていても、その問題が何なのかを把握できなければ対策も何もできません。そのときに参考になるのは実際にそのマンションに住んでいる入居者の声です。入居者自身がマンションに対してどう思っているか、どこが不満か、どこを改善してほしいのかということを知ることができればかなり問題点をはっきり知ることができるし、改善に役立てることができます。そのためもし入居者が退去する場合、できれば何故その入居者が退去するのか、何か不満な点があったか聞いた方が良いと思います。
退去する入居者に聞くべきことはたくさんあります。例えば「引越し先のマンションをどうやって選んだのか」ということは「入居者が何を希望してマンションを選んでいるか」ということを知るために必要なことでしょう。また入居している間に何か気になったこと、困ったことがなかったかどうかということも聞いておきたいです。これはちょっと聞きにくいかもしれませんが、マンション経営において「入居者が何に対して不満だったか」というのはとても価値のある情報です。問題点さえわかれば改善に導くことができるのですから、思いきって聞いてみた方が良いと思います。質問するときは退去者が気分を害さないように、「このマンションをもっと良いものにしたいので、できればありのままに思ったことを教えてほしい」と伝え、もちろん何を言われても退去者に腹を立てたりはせず真摯に受け止めるようにしましょう。
そして実際にその問題点を改善していけばきっと収益も上がります。
Copyright (C)2018収益とマンション経営の話.All rights reserved.