収益とマンション経営の話

マンション経営はひとまず入居者が入れば良いわけではありません。そのまま住んでもらわないと収益が低いです。

収益とマンション経営の話

マンション経営、入居者が居つかなければ収益低い。

マンション経営ってひとまず入居者が入ればそれでいい、というものではありません。そりゃあもちろん入居者が入った方が入らない方が良いですよ。
でもせっかく入った入居者が何らかの理由で退去していったらいつまでたっても高い収益は見込めません。むしろひっきりなしに入居者が入れ替わるようなマンションは悪いうわさが建ちやすく、ますます収益が下がってマンション経営が上手くいかなくなってしまいます。収益を得ようと思ったら入居者に入ってもらい、そしてできるだけ長くそこに住んでもらう必要があります。何せマンションの収益は入居者の月々の家賃なわけですから入ったらそれで終わり、ではないのです。だからいかに入居者が居心地良く生活できるか、どうやって長く住んでもらうかということをよく考えていく必要があると思います。そうでないとどんどん入居者がいなくなってしまい、しかも新しい入居者が入ってこないなんていう最悪の事態になってしまうかもしれません。
入居者に快適に生活してもらうためには、入居者の立場になってマンション経営を行っていく必要があります。もし自分が入居者だったらどういうところに気をつけてほしいか、どういうところをもっと改善してほしいか、そういうことを考えていく必要がありますね。住むマンションを選ぶのはオーナーであるあなたではなく、実際に住む入居者です。だから入居者の立場になってマンションのことを考えていくことが、収益に繋がります。もしもそれが難しいなと感じたらセミナーなどの勉強会に参加してみたり、他のオーナーの方と話をしてみて、相談にのってもらうと色々なことがわかるようになると思います。またマンション経営専門のプロもいるのでそういう方に手助けしてもらっても良いでしょう。収益を上げているマンションのオーナーの方というのはたくさん知識を持っているので、話をするだけで入居者について学べることも多いと思いますよ。
Copyright (C)2018収益とマンション経営の話.All rights reserved.